求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



擬態

蝶と毒の話Part3です。
竹富島の浜辺をシロオビアゲハのつがいが飛んでいました。
c0014035_21574152.jpg

名前の由来通り、黒い羽に白い帯があります。
もう少し近くに行くと判るのですが、前を飛んでいるのがメスで後ろがオスです。
この島ではメスだけが擬態しているのです。
c0014035_2212699.jpg

これがメスです。
ベニモンアゲハが生息する島でだけ、シロオビアゲハのメスには羽に赤斑があります。
毒をもつ蝶に化けて、鳥に食べられないようにしてると言われています。
女性はお化粧が得意なんですかねー。
このメスを捕まえてパタパタ叩くと、鱗粉が落ちて驚くべき素顔があらわに・・・ギャー(゜Д゜;)
なんてね。

写真撮ってるときは、優雅で鮮やかな蝶に惹かれるのだけど、あとで写真を見直したり図鑑で調べたりすると、だんだん薄化粧の蝶に惹かれてくる。
敵が多い中で必死に生きてる。
近寄るとサッと逃げるから、あとで写真を拡大して素顔が見えてくる。
それに、綺麗な蝶は、毒があるのがイメージダウンだなあ。

ベニモンアゲハに惑わされつつ、ホントに好きなのはシロオビアゲハ。
ダメッすかねー、こんな男は(^^);
by solitarylife | 2005-03-23 22:28 | 色彩
<< 70日ぶりに竹富島のネコたち ロング・バケーション >>

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧