求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



誤報

昨晩の話。
スターウォーズの新作を見に行くのに備えて、旧作を順を追って、観直すことにした。。
エピソードⅥは、ダースベイダー役を変えて再撮影したらしいね。
まあ、まずは順を追ってエピソードⅣから。

と、見始めたのだけど眠い、、
そりゃそうだ。
連休は溜まった仕事をさばくので働きづめだったもの。
オルデラーンがデススターに破壊されるところまでは覚えてるんだが、、、不覚、爆睡。

zzz、、、zzz、、zzz

呼び戻される意識
ウ~カンカンカン!
ぁっ、消防車のサイレンの音だ。
ウ~カンカンカン!ウ~カンカンカン!
だんだん近づいてくる。

ウ~カンカンカン!ウ~カンカンカン!ウ~カンカンカン!ウ~カンカッ
と、止まった!ドまん前でしょ?

バタリと跳ね起き慌てて外に出る。
c0014035_22483557.jpg

続々と集まる消防車。
消防車が4台、救急車が一台、また、応援の自家用車も、5,6台集まった。


今住んでいるところには、もう、3年近く住んでいる。
2003年の初冬、僕の階下で火事があった。
その日は会社から帰るのが2時過ぎくらいになってしまって、そのままベッドに直行。
泥沼のように、静かに深く冷たい眠りについた。
朝4時頃、玄関の扉を叩く音が遠くで聞こえる。
ドン!!ドン!!ドン!!「誰かいるかぁ!!」
叫び声なのだが、よく聞こえない。
テレビのサンドストーム時のようなシャーというノイズ音に、埃の載ったレコードのようなパチパチという音が混じっている。その音にかき消されている。

電気をつけるが、靄がかかったようで、よく見えない。
寝ぼけてるからか?
ベランダのカーテンを開けると、前を何か大きなものが横切る。
えっ?ここは13階だぞ?

窓を開けると、黒い気体がネバァッと流れ込んできた。
煙だ!!

ここで、ようやく火事だと気づいた。
着の身着のまま、むせながら階段を降りた。
火事は2階下の部屋で、明け方に寝タバコから火事になる、よくあるケースです。

窓から見えたのは、ハシゴ車のクレーンだった。



それ以来、サイレンには敏感です。火事センサーが人並みになりました。
以前の火事と、状況は似ていたけれど、昨日は、誰よりも早く反応したと思うよ・・・誤報だったけど。

たぶん、火事では生き残れる・・・と思う。
by solitarylife | 2005-07-19 23:10 | 日常
<< 変わりゆくシーグリーン(以前書... 人に誇れない記録 >>

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧