求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



雨の街(前編)

空が曇り始めたときは、いつも気がつかない。
夕立を降らすような黒々とした雲であればすぐに気がつくことができるが、はじめは白い雲がうっすらと空の一部を覆っていく。
今回も、曇りはじめて数日が経ってから、やっと僕は「おや、、雲がでてきたんだな」と気づいた。
そのときには、もう青空はわずかに覗くばかりになっていて、雲はやや厚く色は灰みがかっている。
ほとんどの場合は、このまま天気が崩れていくし、大抵は大荒れになることを僕は経験的に知っているので、それに備えた準備を始めることになる。
まず何よりも先に、僕の家には頑丈な地下室があるので、大切な物はそこにしまって大きな南京錠をかける。これは僕にとって最も大事なことだ。当分、身の回りは味気ないものばかりになってしまうけれど、大切な物を失うよりはいい。何せ僕の住んでいる街は、天候の変化が激しく厳しい。
窓から外を見ると、すでに空一面が黒々とした雲に覆われているが、まだ雨は降っていない。一度降り出したらすぐに止むことはまずない。でも車も通れないような大きな水たまりができたり、川の氾濫が起こったりするようになるまでには、まだしばらくあるはずだ。
前の通りには、荷物を持って足早に通り過ぎる人たちが見える。家を捨てて避難するのだろう、皆うつむいている。「そんなに慌てなくてもまだ大丈夫ですよ」と声をかけてみるのだが、返事はない。大きな鞄を肩にかけ、キャリーケースを引きずり、家族を連れて足早に去っていく。鞄の中身は現金や貴金属類、衣類などだろうか?

そしてその夜、雨は静かに降りはじめた。

----------
後編に続く
この話はフィクションだけど、僕にとってはノンフィクションである。よって奇想天外な落ちはない。
by solitarylife | 2005-01-16 21:19 | 内面
<< 日本産のコーヒー(八重山プチビ... シーサー >>

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧