求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



メスアカムラサキ

竹富島で初めて見る蝶、なんだかわからずもとりあえず1枚撮影に成功。
すばしっこいやつでして、毒は持ってないのは予想がつく。
c0014035_10514670.jpg

c0014035_1052375.jpg図鑑で調べるとありました。
タテハチョウ科のメスアカムラサキ。
♀が赤で♂がムラサキ、雌雄の色が全く違う蝶として有名とのこと。
通常見つかるのは迷蝶(大陸から気流に乗ってとんでくる)で、ただし八重山には少数生息している。
メスが赤いのは、毒を持つカバマダラに擬態しているため。

c0014035_10581984.jpg
これは、スジグロカバマダラ。朱と白点の感じはソックリ。

メスが身を守るために擬態するのはよくわかるけど、オスも擬態すればいーじゃない?
なんで、ムラサキにこだわるんだろ?
硬派なんですかね?ヤンキーあがりとか^^
c0014035_12595131.jpg

by solitarylife | 2006-03-08 11:03 | 色彩
<< Let's ☆砂探し 日本最南端シリーズ!(わらび餅屋) >>

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧