求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



X-MEN:ファイナル ディシジョン(ネタバレ有)

X-MENⅢ観てきました。
c0014035_12185065.jpg
肩の力を抜いてみられる、うん、オモシロイ。
アメコミヒーロー物、男の子の映画だ。
女の子にはわかんないだろうな、こんなおっさん顔でフォークみたいな手のキャラクターがカッコイイって感覚。
男の子がパイレーツオブカリビアンのジョニーデップの良さがわからないように。

まず、タイトルですが、ファイナルディシジョンっつー完結編っぽいタイトルは適当につけられた邦題でして、全然完結編じゃーありません。訳すと「最後の決断」だし。
原題はX-Men: The Last Stand
Last Standは軍用語で、適当な和訳がありません。困った配給会社が、三部作完結編っぽい宣伝をしようということにして、邦題をつけた(のでしょう)。
Last Standとは、軍が敵に包囲され非常に困難な状況に陥っていながらも、撤退せず(あるいはできずに)立ち向かっている状況をいいます。
そういう映画です。

監督は前1,2作を作ったブライアン・シンガーが降板し、ブレット・ラトナーに。
ブライアン・シンガーは、スーパーマン リターンズの監督に引き抜かれた形です。
アメコミ映画の奇才ブライアン・シンガーを欠き、X-MENがどうなるか注目されましたが、ブレット・ラトナーはうまくまとめ上げました。

このシリーズはこれで終わりどころかまだまだ続くようです。
映画を観たときにはわかりませんでしたが、原作ファンによると、Ⅲはストーリーを原作の流れに引き戻し、次作の戦い用の伏線が多く敷かれているとのこと。
キャラクターが次々死んでいく印象を受けますが、実は死んだのはジーン(下写真右)のみ。
そのジーンも生きているかもしれない。
スコット(下写真左)が死ぬ場面はこの写真の場面の直後、苦しむ姿が一瞬映るのみ。後でサングラスだけが発見される。
不自然。どうやら死んでません、二人仲良く幽閉中?
c0014035_12285073.jpg

チャールズ(下写真中央)はエンディング後に生きていることがわかる。
c0014035_12362890.jpg

超能力を失った者たちの復活もラストシーンで示唆されている。
詳しくは、ヤフーのユーザーレビューに全て書いてある。

次作をお楽しみに。
原作の流れでいけば
人類対ミュータントやミュータント対ミュータントは今回でひとまずおしまい。
次の敵はエイリアンだそうですよ。
by solitarylife | 2006-09-16 12:42 | 映画
<< また更新さぼってしまうま~ メロンパン105円 >>

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧