求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



K・ミノーグが涙の復帰公演

c0014035_091899.jpg【シドニー12日】乳がんの手術を受け、休養していたオーストラリアの人気ポップ歌手、カイリー・ミノーグが、1年半ぶりに故国のシドニーでカムバック公演を行い、満員の観客から盛大な声援を受けた。
 11日の夜、「ショウガール・ホームカミング」と銘打った公演で、羽の飾りをつけたピンク色の衣装でシドニーのエンターテインメントセンターの舞台に立ったミノーグは、観客からスタンディング・オーベーションなどで盛大な歓迎を受けた。ミノーグは、明らかに感極まって少し間を置いた後、最初の歌を歌い始め、その後、ヒット曲の数々を披露した。アンコールで、観客に交じって家族と共にショーを見ていた父親に「エスペシャリー・フォー・ユー」の曲をささげる際には、またしても感情がこみ上げてきて、声を詰まらせた。
 オーストラリア各紙は、がんとの闘いの後に復帰したこの小柄な歌手の公演を、素晴らしい成功だと褒め称えた。サン・ヘラルド紙は、ミノーグのダンスは手術前に比べると明らかに激しさが少なくなっていたが、それでも観客を狂喜させたと称賛した。
 公演はシドニーの後、ブリスベーン、メルボルン、パースを回った後、欧州に渡り、来年1月2日からは英国で行われる。
 ミノーグは2005年5月にメルボルンで乳がんの手術を受け、その後、パリで治療を続けていた。
(時事通信) - 11月13日12時8分更新
-----------------------------------------------------------------------
ブログサボってたんで、さぞかしアクセス数が減少していることだろうと、恐る恐る開いてみると
ありゃ?増えてる(゜ο゜)
検索ワードが偏っていて、ほとんどカイリーミノーグ。
先週末の復帰公演ニュース配信と同時に検索にヒットしたようです。

今日は、このうれしいニュースを、ご紹介しました。
乳がんがわかったとき、僕が書いた記事
その願いが通じたかのようで、うれしかった。そして安心した、とても。
何年後になるかはわからないけれど、日本公演が今から楽しみです。

普段、僕のブログを観てくれているのは、カイリーミノーグを知らない人がほとんどだと思うので、そんな人でも楽しめる小ネタも紹介。
Come into my world
のプロモションビデオ
c0014035_23262499.jpg

最初の1分間はいたって普通なんですけど、その後凄いことになってく。
実は背景もちゃんと増えてて、繰り返し見ると3回目あたりからニヤニヤ(  ̄ー ̄)
何回NGだしたんだろ?
by solitarylife | 2006-11-13 22:49 | 音楽
<< だんだんムズムズしてくる^^; 慰霊って書いてあるじゃん >>

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧