求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



残された白猫

最寄り駅で下車して家まで歩く途中、物陰に生まれて間もない子猫がいた。昨年夏のことだ。親は見あたらず、その場所は’ネコに餌をやらないでください・・・’の看板があるほどの捨て猫ポイントなので、この子たちも捨てられたと見て間違いない。白い子猫七、八匹がミャーミャーいっていて、人だかりができ、ちょっとした人気者となっていた。
日が経つにつれて、一匹また一匹と数が減っていったのは、おそらくやさしい人が連れて行ったからだと思うが、死んでしまった子もいたかもしれない。
とにかく、冬が訪れたときには三匹になっていた。
三匹の子猫は夜になると捨てられた場所に戻ってきて、ピタリ身を寄せ合い寒さに耐えていた。
隣が薬局で、時たま店員が内緒で餌を上げているらしい。それで生き延びている。

そして1月下旬、子猫は一匹だけが残された。
この子だけが、残される運命なのか?
いや、決して人には近づかないから、この子が一人ここに残ることを選んだのだろう。
自由はかけがえの無いものだけど、自由が多いほど苦しみも多い。寒さはことのほか堪える。
君の選択がとても辛いことを僕はよく知っている。

今夜はとりわけ寒い。
白猫は側溝で風を避けながら、いつ来るか知れない餌を待っていた。
c0014035_20141654.jpg

もし、、もしもだけど、一人でいることがどうしても辛くなったら、僕の家においで。
そうしたら、、僕も、、、うれしい。
by solitarylife | 2005-02-01 20:17 | 内面
<< 列車から 週末仕事終了! >>

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧