求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



西表島縦断 - その2

c0014035_15311469.jpg
前回の続き
図の×印、マリウドの滝を臨む展望台を出発し、わずか5分ほど歩くとカンピレーの滝。
c0014035_1521568.jpg
神々が座る場所
というような意味だそうです。平らな岩場を滝が流れている。
c0014035_13243033.jpg
この滝の辺りが、一般的な観光コースの終点。
観光客は、昼寝をしたり、昼食をとったりと、思い思いの休憩をしている。
c0014035_15242427.jpg
岩には、ポットホールといわれる穴が幾つも空いている。
ここの岩は砂岩でできているために柔らかい。
ちょっとした穴に石が落ち、水流の渦巻きで石が転がり、ジワジワ円が大きくなっていくそうだ。
大きなものは直径1メートルくらいあり、夏は、水風呂を楽しむ人がいる。
c0014035_15301369.jpg
滝の脇には、大富まで21.1kmの標識。
ここが、昨年折り返したところ。

先に進みます。
c0014035_15314557.jpg
岩肌を歩いていくと、横断道入り口の看板がある。
どこが入り口やねん! ^^;
c0014035_1533582.jpg
道なんて無いやんけー ^^;
ツッコミを入れつつ、再びジャングルにわしわしと入っていきます。
c0014035_15345537.jpg
ここで紹介!
こちらがガイドの長澤さんでーす。

西表は単独の入山が禁止されてます。
(行方不明のまま見つからない人が出たため)
横断道について調べたところ、はじめて行く人には、ロスト(迷う)ポイントが幾つもあるということなので、ガイドをお願いすることにしました。
西表島ガイドサービス「島廻遊/シマ マリアシビ」を経営している長澤さん。
島で唯一、一泊二日の縦断ツアーを企画運営しています。
「他の人と同じことしてもおもしろくない」
そうで、その気持ち、よーーくわかります。

案内だけでなく、共用の荷物は全て持ってくれてます。
長澤さんは60㍑ザック、僕は30㍑
らくちん^^

上の写真は何かというと、新芽は炒めてたべるとおいしいとかいって、夜の具材用に芽を摘んでます^^;
c0014035_15453825.jpg
ホントに取ってきました^^;
c0014035_1546291.jpg
鳥が食べられた痕。
はじめて、イリオモテヤマネコの痕跡を発見。

そして、軍艦岩を10時に出てから3時間ほどで、キャンプ予定地の第二山小屋跡に到着。
テントを設営しました。

つづく
by solitarylife | 2007-02-17 15:58 | 旅行
<< 西表島縦断 - その3 西表島縦断 - その1 >>

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧