求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



パイン棒

パイン棒と言ったら新宿。
東口駅前交差点で、メロンやら何やらフルーツを割り箸に刺して、信号待ちの本能的な客から次々に小銭を奪っていくアレである。

今回僕が紹介するのは、その新宿のパイン棒ではなく、沖縄産のパイン棒について。
c0014035_2123578.jpg
2月8日、明日に西表縦断を控えての西表入り。
フェリーから見る空と海は印象的なブルー(壁紙サイズです)。
船浦港についたのが14時15分頃。
隣接のバス停に歩いていくと、目の前をバスがスルー。
おいおいちょっと待てって、到着フェリーの客を乗せないで、一体どこで誰が乗るんだと。
まー、沖縄時間に慣れるためにも、のんびり歩いてくか
と、浦内川まで歩いていくことにする。
久々に宇多良炭坑跡に行ってみようかと。
c0014035_21232494.jpg

矢印のところが目的地。
よ~し しゅっぱぁーつ!
と歩き始めて間もなく、、、
すぐに後悔。なんかエライ遠い。
お日様はジリジリ照りつけてるし。
日陰ねーなー。とめげてきた頃、道端に無人販売所が現る。
置いてあるのは、キャベツ、カボチャ、冷蔵庫。


冷蔵庫??

c0014035_21225952.jpg

冷凍庫の中にはヒエヒエのパイン棒シャーベット。
c0014035_21251433.jpg

100円を籠に入れて1本いただきます。
オデコにピトッ
うなじにペタッ
うひゃぁ!ちべたぁ~い^^

大復活!!蝶など撮りながら、食べ歩いてゆきました。
c0014035_212825100.jpg

浦内川河口に着いたのは15時52分。
c0014035_21294239.jpg

1時間半も歩いてしまった。
更にここから川沿いに茂みを歩いて・・・
c0014035_21302685.jpg

久々の宇多良炭坑跡。
先日、西表島の炭坑についての本を読んだので、今では活気があった頃の情景もだいぶ浮かぶようになりました。
c0014035_21323531.jpg

どこをどう撮っても、怪しい写真が撮れます。

宇多良炭坑跡とかけましてぇ

パイン棒とときます

その心は

背筋に冷気が走ります。


おぉ怖っ
by solitarylife | 2007-05-05 21:40 | 旅行
<< 再び沖縄へ 太陽の子 >>

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧