求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



ロゲイン

連休を利用して昨日、ロゲイニングというマイナー競技に出てみた。
通称ロゲイン

ログインじゃないですよ!

じゃなくて

ですから

ロゲイニングチャレンジ菅平大会2007

簡単に言うと、長時間のオリエンテーリング(以下OL)のようなもの。
どう似ていて、どう違うかと言うと
普通OLは、ひとつ山の中で1時間とか2時間とかの時間でやる。
地図に書かれたポイントを全て廻って、何分かかったかを競う。
一方のロゲイニングは、24時間で、行きたいポイントを競技者自身で決める。

日本では夜間の安全性等の諸問題で12時間でやってて、
競技エリアは広く、菅平高原を中心に群馬県嬬恋村までも含む。
順位を狙う人(2/3はそーいう人)は、早朝から真っ暗になるまで走り廻る。
c0014035_20561827.jpg

朝5時50分、地図が配られ、各チームは高得点をあげるため、コースを練る。
そして雨と霧の中、6時スタート。
僕は、友人の嫁&その友人(女子)との混合チーム。
女二人に男一人、それで一眼レフ持って、風景写真でも撮りながら、てれてれ歩くつもりでいたんですわ。
そしたら朝から雨で撮影断念。
で、じゃあそれなりに歩こうと方針変更してスタート。
行くのが大変な所ほど、得点が高いんです。
まずは、目標を140点の根子岳(標高2207m)に定め、後はそれから考えようということに。
c0014035_204841100.jpg
地図の一部を拡大したので、それを見ながら読んでね(クリックで拡大します)
右の方、まだ雨で湿ってます


40㌽、50㌽という、小さな得点を稼ぎつつ、西のほうから、緑の矢印沿いに歩いて65㌽をとり、午前中に根子岳(140㌽)に到着。
女性陣 「満足~、さー降りよう(53㌽を目指す)よ、後は市街地で刻んでいこー」
僕 「ほら、地図よく見てよ、すぐそこに150点があるよ」
女性陣 「・・・」

ただいま、大雨です。

女性陣も地図はそれなりに読めるので、この先どういうことになるか、大体想像出来るのです。
等高線の間隔が短い=険しい山岳
なので、根子岳以降は、ツルツル、グシャグシャなんですなあ・・・

まー、説得して行きましたけども
「なぜ登るのか?そこに山があるからさ」
とか何とか言って >鬼です

ちなみに、こっち方面に来た強者たちは、どーいうルートを通ったかと言うと
65㌽をとった後、北へ行って、300㌽を奪取、そのまま連山を走り、100㌽、150㌽、そして四阿山から更に南へ行って、別の山を攻めに・・・

勝手にしてくれ^^;

その後、僕たちは四阿山から西南に下り、市街地に出て、平地でOLを楽しみました。
その結果は、、、ビリでもいいつもりで歩いてたけど、ビリじゃなかった。
まだまだ、ゆっくりしてる人はいました。

出てみての感想ですが、
体力があれば、そーとう面白い
ですね、これ。

鍛えて、また出てみようと思います。
c0014035_21234380.jpg

  写真:根子岳に向かう途中、後ろを振り返って
by solitarylife | 2007-09-24 21:30
<< アルカロイド毒 カレー味・わさび味・杏仁豆腐味 >>

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧