求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



カテゴリ:アート全般( 27 )


アサギマダラ

c0014035_2042442.jpg
アサギマダラ
なんと美しい蝶だろう。
c0014035_20482229.jpg

シャープかつ滑らかなアウトライン
黒と浅葱色の羽
深緋色のしゃれた後部
洗練された背面の眺めは、まるで一流デザイナーにデザインしてもらったかの姿。


右の写真は以前紹介したリュウキュウアサギマダラで、比べると浅葱色の鮮やかさでは負けるのだが、曲線と緋色のアクセントがより美しい。

白い花の前で羽を広げると、向こうの花がうっすらと透ける。
c0014035_2053245.jpg
萌え~(〃▽〃)

以前も書いたように、アサギマダラはアルカイド毒を体内に持つため近づいても逃げない。
20cmほどの至近距離で延々撮影会をしたのだけど、最後まで逃げなかった。
そして10分ほどの吸蜜の後、フワリと浮かび優雅に飛び去った。

こんな容姿からは想像がつかないのだが、この蝶、長距離を旅する蝶として有名で、全国的にマーキング調査が行われている。
テレビ・新聞に取り上げられ、小中学校にまで活動が広がっている。

僕が高原で避暑しているときに、夏の間を高原で避暑している二頭に出くわしたのだけど(そういう習性があるのです、僕と一緒だ^^;)、美しい羽にマーキングする気にはとてもなれなかった。
c0014035_21105833.jpg
c0014035_1218219.jpg
壁紙作りました↑
by solitarylife | 2006-08-05 21:11 | アート全般

コロン

水玉が コロン
ハスの葉っぱに コロン
c0014035_17231361.jpg
風に吹かれて コロン



雨が ポツン
c0014035_1726442.jpg
小さな水玉が コロン
コロロロロロン

大きな水玉も コロン

一つになった水玉が コロン
by solitarylife | 2006-07-21 17:31 | アート全般

山中を自転車で気持ちよく走る
誰もいない
まっすぐな道

涼しい風

ふと木陰に見えた乗り捨てられた車
中の見えないスモークガラス

冷たい風
c0014035_1235932.jpg

事件のはじまり
by solitarylife | 2006-05-27 12:04 | アート全般

39日後















      捨てられたカセットテープ




















c0014035_14594222.jpg











c0014035_1503782.jpg























































          その39日後







































c0014035_1524835.jpg

by solitarylife | 2006-03-17 15:06 | アート全般

46番ゲート

8日、朝一で石垣島へ出発です。
大阪空港で発券し、搭乗口の46番ゲートに向かう・・・・が見つかりません。
聞いてみました。
「すいません、46番ゲートへはどう行ったらいいですか?」
チケットを渡す僕。
「えっ!・・・・・少々お待ちくださいませ」
しばらくして現れたお姉さん
「当空港は25番ゲートまでしかございません。141便は23番ゲートでございます」
なんだい÷2かよ。
c0014035_20232612.jpg普通はそこで、納得して23番に向かうよな。
でも、僕はSF映画飲み過ぎの観すぎなので、46番があるように思えてしようがない。
脳裏には、ウルトラQ「206便消滅す」「あけてくれ!」が合体した怖い話が浮かんだ。
「206便消滅す」は飛行機がアンバランスゾーンに落ちる話、「あけてくれ!」は行き先不明の電車に乗ってしまった男の話。
46番ゲートから乗ったら二度と降りられないのかなあ・・・


それもいいか・・・・・・・


うんにゃ、きっと魔法学校行きでしょ!今は昭和じゃないよ平成だもの、現代版SFでこっちっしょ。
と、もう一度端から端まで46番ゲートを探したけど、見つかるわけがない。
でもまあ、空想は楽しかったから良しとするか^^
c0014035_20371925.jpg

しかし、JALもなかなかやるね。実は僕が乗ったのは46番ゲートだった。
飛行機で目を覚ましたらね、宇宙㌧でたの。
c0014035_20391980.jpg
眠くて、またすぐ寝ちゃったけどさ、㌧でたもん、写真も撮ったよ。昨日アップしたやつ。
46番ゲート、大阪空港発石垣島行きは大気圏外を経由します。



もし、飛行機のチケットに存在しない搭乗口が書かれていたら、それはミステリーゾーンへの入り口かもしれません







ってな話を会社でしたら、またもやかわいそって目で見られました^^;
by solitarylife | 2006-02-12 20:48 | アート全般

捨てられたカセットテープ

c0014035_23819.jpg

  道端に捨てられたカセットテープ
  二度と音色を奏でることはない
  朽ちるまで、しばし
  今は、静かに雨音を記録し続ける
  雨のエンドレステープ





落ちてたテープ、これなんと、メーカーが・・・・・・
c0014035_23114963.jpg

100円ショップのダイソー製・・・って、なんでも作ってるんですねえ。

カセットテープと言えば、
TDK、日立maxell、AXIA(富士写真フイルム)、ソニー・・・
あぁ懐かしきアナログの日々よ(T T)
それらかつての一流品は、次々に生産中止が検討されており、売れ残りの大半は廃棄を免れてダイソーに集結しています。
カセットマニア(アナログ=レコードと思ったら大間違い、これが結構いるのです)は高級モデルの買い占めに疾走する日々。
そんな僕んちも、レコードプレーヤー、カセットプレーヤー(ダブルカセットデッキ!!)は未だ現役バリバリです。
方や利便性でCD,iPODを使いつつ、たまーーーーにこいつらを聞く。
ゆらぎやノイズの入った音色には癒やし効果有り!
カセットで静かな曲をかけて眠りにつくと気持ちいいんだなーこれが。
音のアロマテラピーとでも申しましょうか。

で、前述のダイソー製カセットテープ、作ってるのはなんとBASF!
これまたアナログ世代にたまらんブランド名です。



それと、どうでもいい話だけど、ダイソーの100円ソックス愛用してまーす^^
僕のお足元、冬の定番スタイルと言えばベイツの軽量ブーツにダイソーの100円ロングソックス。
コレが実に相性いいんです。
冷え性でお悩みの男性諸氏、一度お試しあれ^^
by solitarylife | 2006-02-06 23:59 | アート全般

そして野原は本当に野原になった

僕が西表島に初めて旅行した後、西表島がどんな島かを表現する為に使ってたネタが野原の話。
「西表島にフェリーで着いてまずバスに乗ろうとしたら、なかなかこないの、いきなり一時間以上。 あんまりこないからね、地図広げてどこで降りようかなーって見てたら、特に見どころも住宅もなさそうなへんぴなとこにバス停があるわけ。沸々好奇心がわきあがってきて、なんのバス停かなーって、降りてみようかなと。
野原っていうバス停なんだけど、降りたら何があったと思う??

そう、、野原・・・野原だけ、あたり一面野原^^;ハハハ」

こんな具合。

そのバス停の前には民家が1軒だけ(2軒かも)あって、その家が利用する為にバス停ができたようでした。あとは一面の野原です。


昨年から大きな島にはチャリを持参してるので、大原港からはチャリチャリと島をポタリングです。
「もうすぐ野原だったよなー。ネタの強化に写真でも撮っとくかな」
と、走っているといい感じの野原になってきました。
「そうそうこんな感じだった、もうすぐたしかバス停。」
と走っているといつの間にか西表島温泉に。オーバーランです、ボッーとしてたしな。
今来た道を再度チャリチャリ引き返すと今度は由布島に、またオーバーラン。

今度は間違えてないはず、そうだ、バス停がないんだ!

再度ゆっくり確かめながら走ると、できたばかりの小さな展望台がありました。
ここだ、このへんだよ。

しかしバス停もたった一件の家も無くなっていました。
住んでたのが外人さんだったのか、英語で書かれたお墓があった記憶があるのだけど、それも無くなっていた。
c0014035_2030348.jpg

c0014035_20342457.jpg

c0014035_20301270.jpg
ただ、あるのは、無限に広がる野原のみ。
かくして野原は本当の野原になった。
by solitarylife | 2006-01-15 20:40 | アート全般

麦わら細工

城崎の温泉街は、どの店も陽気で開放的だ。
メインストリートは人どおりが絶えず、明るい温泉風情を体験できる。
そのメインストリートに一軒、麦わら細工の店が静かにたたずんでいる。
中では、主人が黙々と麦わら細工をこさえていて、近づきがたいが、思い切って入って話を伺ってみた。
c0014035_2282917.jpg

そのときは、200年以上前に南蛮に伝わった麦わらで拵えた絵を、文芸館展示用に復元している最中だったので、写真を撮らせていただいた。
ノギスのようなもので、1/10mm単位で長さを測り精巧に再現している。

他の土産物屋でも、かわいい麦わら民芸品が数百円で売っています。中国産ですが。
でも僕は、ここで10cm四方くらいの小さな桐の箱をお願いしてきました。
凝った模様なので、1万5000円。年末には届くそうです。
10年使うと、深い味わいがでるって ^^

果たして、その価格に見合うだけの価値があるかどうかは、どうぞ直接お店で確かめてみてください。
by solitarylife | 2005-09-05 22:20 | アート全般

真夏の雪

毎年、夏は仕事浸けなのですが、今年は5年振りくらいに暇で、来週は4日間だけど夏休みがとれそうです。
例年、8月も後半となるとバテバテで、熱だしたり、お腹壊したりしてるけど、今年はへっちゃら。っていうか、まだ今年「クソあちーなー」って思ったことない。
もうあと5度くらい暑くていーよ、どんとこいっ!
って叫びたい。
叫ばないけどね。
確実にケンカ売ってんのかよばわりされっから。

まー、それくらい暑さに強いってことです。
この間そば屋で鍋焼きうどん食べてて(食うなよ)、ふぅーーっ!って冷まそうとしたら、前のテーブルの人たちがけげんな顔して湯気避けました。ごめんよぉ(TT)

そんな変人ライクな僕が最近はまってるのが、雪の結晶作り

思うがままにチョキチョキ切り刻んでます。
何も考えずにこんな風に切ってしまうと・・・
c0014035_117834.jpg

こんな風になります。
c0014035_1175089.jpg

プランクトンですな(笑)

自分の作った雪を降らすには、ちょっと頑張って英語を読み進まないとなりません。
by solitarylife | 2005-08-20 01:19 | アート全般

ドーチカの天井

すいません!今月更新全然してませんでしたー。
体調至って快調です。
サボってただけッス。

と、前回のコピペで再び謝罪(不謹慎)。
もちっと頑張るね。

今回は、会社行く途中の景色の紹介。
大阪とか名古屋とかって、地下道が発達してて、傘ささないでどこにでも行ける。
僕が、会社に行くときに通る地下道は堂島地下センター、略してドーチカ。
c0014035_2336371.jpg

一見、至って普通、両側に商店が並んでて、ほどよく小汚くて。
ここの特徴は天井。
見上げると絵が描いてある。
1枚数平方メートルのカンバスに空の絵が描いてある。
驚くことに、全部繋がってて、100mくらい続いてる。
空では天使が楽しく遊んでいる。
この天井画を見上げながら、てくてくテクテク歩いてくと、以前書いた面色のごとく気分が良くなる。
c0014035_23403698.jpg

でも、誰も天井に気づきません。斜め下を見つめ、足早に目的地へと向かっていきます。
たまーに気が付く人がいると大変です。
「わぁー天使だらけだー、スゴーイ」
「あれー壁の絵も天使だー」
「うわあ!何もかも天使だー、キモーイ」
そこら中に天使を見つけ、小走りに逃げ出します。

心の準備をしてからおいでください。
by solitarylife | 2005-08-15 23:46 | アート全般

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧