求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



カテゴリ:色彩( 33 )


カーキー探検

前回、冒頭で触れた「カーキー」
どんな色とされてるかなあとWeb上でつれづれに調べてみると
色彩辞典とかいうページでは大抵茶系でしたが、一つだけ緑系発見!
辞典は、根拠と最大公約数を重視しないといけないので、これはまずいんじゃないのか!?

一方、一般の方のページは、緑系を上げてるのが1~2割。
一般のショップの表記にあたっては、誤解を生まない程度に自由に決めてかまわないと思う。
ヤング向け商品なら、どっちでも全然可と思います。
c0014035_14151768.jpg

これは、オリジナルのストラップなんかを販売してるページから無断転載。
(ごめんなさい)m(_ _)m
一般的には2番なんだろうけど、緑系の8番をカーキーとしてます。
とはいえ色見本を載せてるからクレームの心配なし。ノープロブレム。

カラーバリエーションに写真が無く、単語表記だけな場合は要注意ですな。
by solitarylife | 2005-07-30 14:29 | 色彩

変わりゆくシーグリーン(以前書いたペパーミントブルーの続編ともいえる)

先日、新聞に、カーキーってどんな色なのか?という記事がでていた。
イギリス軍の迷彩服に使われている色からできた色名だが、年代によって違うそうだ。
僕は、JISで定義づけられてるような茶系の土色迷彩色だと思っていたのだが、最近の若い人は緑色系の樹木迷彩色をカーキと呼ぶことがあるらしい。
迷彩服に使われる色は何でもカーキと呼んでるらしい。
てっきり、みんなオリーブグリーンやアイビーグリーンと言うものと思ってた。
アメリカ軍のほうが目にする機会が多いからかなあ。

色名は日々変遷していく。

最近思うのは、シーグリーンって、いったいどんな色なのだろう?
ということ。

正式には、多少の違いさえあれこんな色で、
c0014035_22312465.jpg

中明度・中彩度の緑色を言うが、JISでは、もっと黄み寄り(ほぼ黄緑色)としている。
しかし最近は、もっと明るく、青み寄りの色だと思っている人のほうが多いのではないだろうか?
マリンブルーやシアンなんかに近いと思う。

c0014035_22344854.jpgそうなった理由はimacのボンダイブルーの影響が大きいだろう。
元々、新鮮さを表す青緑系は、革命を打ち出すAPPLEの新製品に相応しいところだが、並の感性ならメタリックにするところを、透明感のある青緑とした。
ボンダイの海の色というネーミングにもセンスを感じる。
以来、安価でセンス良い仕上がりになるため、PC周辺機器でボンダイブルーが大流行。
すっかり定着してしまった上に、シーグリーン=ボンダイブルーという置換が起こった。
元々、青色と緑色の差ってあいまいですから。
ホラ、青信号って緑だったりするじゃないですか。

c0014035_2344572.jpg
これはフィリップスのアイロン。
ターコイズブルーを透明にしたようだが、単に水色と言ってもいいかもしれない。
しかし、この商品色はシーグリーンとなっている。

どこにグリーンがあるの?と突っ込みたくなるとこだが、世の中はここまできている。



ちなみに、綺麗なシーグリーンだなあと思いながら竹富島で撮った写真がコレ!
c0014035_2375062.jpg

おもいっきり青かった・・・
感化されまくりです(^^);
by solitarylife | 2005-07-24 23:12 | 色彩

エビアンティー

前回、エビアンのことを書いたら、昨年半年間受講した虎の穴を思いだしてしまいました。
(何の講座なのか興味ある人は、悪いけど自力で過去ログから見つけ出してください。)

昨年8月8日のお題
色彩計画概論
①現在発売されている緑茶・紅茶・烏龍茶の3種類のペットボトルのお茶についてマーケティングリサーチ実施。なお、ペットボトルは500mlタイプとする。
②3種類のうち、緑茶についてはデザインとそのコンセプト&色彩計画を考察。

c0014035_23243268.jpg本来、マーケティング調査、企画立案、デザインやらは、それぞれ担当する人たちがいるわけですよ。
カラーコーディネーターはそれをつなぐ役目。
なのに、それ全部やれっつーんだもんなあ。

で、やりましたよ。
途中はいっさい端折りますけど、最終的に、僕が提案したペット茶新製品がこれ。
エビアンティー

中身はエビアン。普通に水として飲めて、ふたのボタンをプッシュプッシュすると、粉茶が少しずつ落ちてきて、自分の好みの濃さのお茶にもできるって代物。

でもねえ、硬水のエビアンでお茶入れると不味いんだよねえ(^^);
まあ、売れんでしょう。(笑)
by solitarylife | 2005-07-09 23:30 | 色彩

シロテンハナムグリ

前回登場したシロテンハナムグリさん再登場。
c0014035_2275271.jpg

写真:花粉を食べるシロテンハナモグリハナムグリ
クリックで拡大します
------------------------------
子供の頃、早朝クワガタ獲りにいって、樹液に群がってるのはコイツばっかりでがっかりしたもんだ。
「ちぇっ、またブンブンだよ」って。
ブンブンとかカナブンて呼んでたけど、実はコガネムシ科。
特にお腹が輝いてます。

体が赤かったり、緑だったり、灰色だったりいろいろだったのはなんでだろう。
八重山のはこんな感じに緑のばかりだったから、保護色と関係あるのかなあ・・・?
木に群がるのは赤や灰なのかな?
by solitarylife | 2005-06-15 22:19 | 色彩

リバーシブルなルリタテハ(擬態その2)

今日も竹富島の蝶の話。

沖縄旅行中は、はじめて見る蝶がいると、カメラを構えてそぉっと近づいてパシャリ!

おっ!この蝶↓はじめて見るかも?
c0014035_0402082.jpg

コソーリ近づいていったわけですよ。

藍に浅葱色っぽい色の模様で綺麗!!
c0014035_0411116.jpg

もう2,3歩近づいてバッチリ撮んなきゃ。
c0014035_043317.jpg

んっ??(◎_◎)
c0014035_044710.jpg

んんっ?なんじゃあこりゃ(ll◎д◎ll);
c0014035_0445717.jpg

怪獣?
カレハガ?カレハチョウ?

なんで表が綺麗な模様で裏が葉っぱなの?
どっちかじゃいけないの?
なんで、足が4本しかないの?
ねえ、なんでなんで?
c0014035_046532.jpg

後で調べると、この蝶はルリタテハといって、北海道から沖縄までどこにでもいる蝶だそうですが、生まれてはじめて見ました。
瑠璃色がとても綺麗。
c0014035_0491929.jpg

蝶ビックリ(^^);
by solitarylife | 2005-06-07 01:01 | 色彩

射干(シャガ)

高野山周辺はシャガが群生していました。今が見ごろ。
c0014035_22242898.jpg

薄暗い場所を好み、白い花弁に黄と紫色の斑点を持つ。
美しいのか?それとも薄気味悪いのか?
その妖艶な姿には暗闇が似合う。
by solitarylife | 2005-05-20 22:27 | 色彩

面色(film color) 壁紙Part2

面色という言葉、ご存知だろうか?
普段、見ている色の多くは表面色(surface color)と呼ばれる。
光が物体に当たり、反射した光を知覚するために、物体への距離、堅さが知覚できる。
ところが面色には、距離感、質感がない。
面色には滅多に出会えない。
出会えるのは、何も無いところで、雲ひとつない青空を見上げたときだが、視野に他の物体が入ると感覚は損なわれてしまう。
僕は、この感触が好きです。
滅多に体験できないというのもあるかもしれない。

丘に寝転び空を見上げる、数十秒経つと僕は青色に吸い込まれていきそうになり、空に手を伸ばせば届きそうで突き抜けそうで、いろいろな感情が沸き起こる。
さざ波に足をさらわれる時のように、うれしいような、ちょっと驚くような、不思議な心地よさが支配する。
見続けると、色の感覚は薄れていき、しまいにほとんど無彩色となり、楽しい時間は終わる。

絵画に興味のある人なら抽象表現主義のマークロスコの絵画を見ると同じ感覚を味わえる。
面色を技法の中心に据え、各種対比効果を交えている。
見ていると時間とともに、視覚的にも感情的にも様々な変化が起きる。
しかし、引き合いに出しておいて悪いけど、僕はロスコより青空が好きです。
また、ちょくちょく良い丘を探しに出かけます。

c0014035_23192912.jpg

 写真:青空(竹富島)
 竹富島コンドイビーチで撮った青空を壁紙用(768×1024pixel)にしました。
 ウインドウズの初期設定みたいな青色だけど、わずかなグラデーションが空を感じます。
by solitarylife | 2005-03-30 23:34 | 色彩

擬態

蝶と毒の話Part3です。
竹富島の浜辺をシロオビアゲハのつがいが飛んでいました。
c0014035_21574152.jpg

名前の由来通り、黒い羽に白い帯があります。
もう少し近くに行くと判るのですが、前を飛んでいるのがメスで後ろがオスです。
この島ではメスだけが擬態しているのです。
c0014035_2212699.jpg

これがメスです。
ベニモンアゲハが生息する島でだけ、シロオビアゲハのメスには羽に赤斑があります。
毒をもつ蝶に化けて、鳥に食べられないようにしてると言われています。
女性はお化粧が得意なんですかねー。
このメスを捕まえてパタパタ叩くと、鱗粉が落ちて驚くべき素顔があらわに・・・ギャー(゜Д゜;)
なんてね。

写真撮ってるときは、優雅で鮮やかな蝶に惹かれるのだけど、あとで写真を見直したり図鑑で調べたりすると、だんだん薄化粧の蝶に惹かれてくる。
敵が多い中で必死に生きてる。
近寄るとサッと逃げるから、あとで写真を拡大して素顔が見えてくる。
それに、綺麗な蝶は、毒があるのがイメージダウンだなあ。

ベニモンアゲハに惑わされつつ、ホントに好きなのはシロオビアゲハ。
ダメッすかねー、こんな男は(^^);
by solitarylife | 2005-03-23 22:28 | 色彩

綺麗な薔薇には刺がある

前回の記事タイトル「美しい女性(ひと)には毒がある」は、バラのトゲのモジリでして、今回はそれがタイトル。
綺麗な蝶と毒の話Part2です。

薄暗い森を歩いていると、陽だまりに綺麗な蝶が現れました。
c0014035_837443.jpg

日の輝きの中で黒のスカートをまとい、踊っている。
美しく妖艶な舞に魅せられ、近づき写真を撮り続けました。

僕には、もうわかっています。
こういう女性に近づくとろくな事はありません(笑)
図鑑によれば、この蝶は体内に中枢神経に作用するアルカロイド毒を持ち、捕食者にそれをアピールしているのです。
でもやっぱり綺麗だなー・・・

しかし、その後、道で交尾するペアを見つけたとき、なぜか路上ファックしているゴスロリ少女を連想してしまい、僕の夢は砕かれました。
暗闇で舞っているときの美しさはありません。
外見とは違う女性でした(笑)
もう容姿には騙されないゾ!
c0014035_904890.jpg

  写真:ベニモンアゲハの交尾(小浜島)
by solitarylife | 2005-03-20 09:09 | 色彩

味覚より視覚より色覚に訴えてくるタルト

3ヶ月前、駅前に大型ショッピングモールができました。
最初は喜んで行ってたけど、最近は避けて帰ってます。
だって、、買いたくないのに、なんか買ってしまう~(^^);
今日はそんなデンジェラスな店の中でもモストデンジェラスな「ベリーカフェ」を紹介。

カフェコムサというタルトのお店がプロデュースしています。
カフェコムサのタルトは、見た目の綺麗さ勝負なのですが、ベリーカフェは更に派手めです。
店の周りは大きなタルトに囲まれてます。
c0014035_215655100.jpg

実は偽物なんだけど、パッと見わからないので、初めてここを通ってそのまま通り過ぎることは絶対無理。(断言!)
盛り方が現実離れしてます。宮崎アニメに出てくるごちそうの実写版って感じ。
姫リンゴは丸ごと乗っかってるし。バナナは1/2本で乗ってる(^^);
よくもまあ崩れず盛られてんなーと感心するよ。
これを宮崎アニメみたいにひとくちでフンガーッ!て喰えるわけがなく、フルーツをチマチマと1個ずつ食べることになるわけです。
タルトと生クリームはあっさりしていて、ほとんど無味。
だから味はと言うと、普通に果物の味なんですが、もれなく小さな幸せが付いてきます。

夕方になると、店の前のベンチには、女子高生が座って、ショウウインドウをボーッとというかジーッと(◎_◎)眺めてます。
若いのに背中に悲哀を感じる。確かに見るだけなら太んないよね。

ここのタルトにはテイクアウトできる物とできない物(カフェでのみ食べられる)があります。
できない理由は’崩れるから’(^^);
今日は、そんな土砂崩れ系タルト(モノホン)を一つ撮ってきました。
c0014035_22121816.jpg

プラドフリュイ

これを切って出してくれます。(どこで切るの?)
よく見ると後ろでシュークリームが半分崩れ落ちてますな(゜ロ゜;)
by solitarylife | 2005-02-25 22:39 | 色彩

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧