求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



<   2004年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


ただいま食べすぎ注意報発令中

本年はご来場ありがとうございました。
まだまだはじめたばかりですが、ここにたどり着いてくれた人には感謝しています。
僕はここにくることで、足早に去っていく日常に対し、立ち止まって感じる時を持ちたいと思ってます。
効率重視になりがちな日常にメスを入れたい。
そのことで不用意に人を傷つけずに生きることができればなぁ・・・
なんて思いますが、きっと寂しいときに意味ないことを書くことのほうが多いかもしれない。

2005年がここにきてくれたみんなにとって良い年になりますよーに。
by solitarylife | 2004-12-31 00:19

ペパーミント・ブルー

先日、min_t_blueという方が、このブログを訪れてくれた。
思い出したのが、大滝詠一氏のアルバムEACH TIMEに収録されている「ペパーミント・ブルー」である。
c0014035_17411739.jpg

10、20代の人にミントブルーと言ったらガムなのかな?
30、40代なら間違いなく「ペパーミント・ブルー」と答える。
ガムの名付け親は絶対若くないはずだ。

さて、ご存じのとおり(ペパー)ミントは紫蘇科で、葉は緑色、つまり色は「ペパーミントグリーン」。
ペパーミントブルーなんて色は存在しないのだけど、清涼感や空色のイメージと重なって、ペパーミントブルーは架空の色としちゃ「あり」。
エレファントブレス(そんな色名がかつて実在した)なんかより、よほどしっくりいく。
「ペパーミント・ブルー」の作詞は職人・松本隆氏。
歌詞からサビ部分を抜き出してみると

 ♪
 風はペパーミント
 ブルーのソーダが
 指先に揺れている
 斜め横の椅子を選ぶのは 
 この角度からの君が とても綺麗だから
 ♪

そう、歌中ではペパーミント・ブルーは色名として登場しない。

あくまでペパーミントブルーではなく、ペパーミント・ブルーなのだ。
「嘘は言ってませんよ~、でもありそうな色でしょ?」
と、問いかけ、見事世間に広めてしまった。あっぱれ松本隆!

c0014035_1813219.jpgアルバム「EACH TIME」は大ヒットした前作「A LONG VACATION」の流れを踏襲し、当初「A LONG VACATION 2」として発売が予定されていた作品。
シングル用の2曲が諸般の事情で収録できないまま、1984年3月21日に発売。
「ペパーミント・ブルー」が、宣材の重荷を一身に背負うことになる。
結果、このアルバムは大ヒットしたものの、常に「A LONG VACATION」と比較されたあげく、ポップス史において殿堂入りすることなく終わる。
のちにシングル用だった2曲が追加され「complete EACH TIME」として再販。

当初収録できなかった2曲のうち、「バチュラーガール」については、英語としておかしいと指摘があり収録が見合わせされたのだが、そんなこと言ったらペパー・ミントブルーだって、「日本語としておかしい」と指摘があってもおかしくない。きっと、最初は「・」がなかったんだろうなと松本氏の苦悩を想像する。

大滝詠一氏については何度も書くことになるだろうと思ってたけど、最初は絶対「A LONG VACATION」についてだと思っていた。
まさか「EACH TIME」をこんな切り口で書くことになろうとは・・・
旅は意外性があるから面白いのだなあと、象のようなため息をつく僕であった。
by solitarylife | 2004-12-30 01:02 | 音楽

うれしいが、何か釈然としない

さっき資格証が届いた。あんまり検索されたくないので資格の名前は書かないが、写真にはバッチリ書いてあります。
この資格取得のために今年の半分はエライ目にあった。
小論文選考が簡単にとおったので気軽に臨んでみたものの、とにかくレポートやプレゼンのボリュームが凄い。僕のわずかな休日じゃさばけっこない。
まー、さばいたけど、おかげで神経が張り詰めたまんま、元に戻らなくなった。せっかちな人になってしまった。
憧れてる人に、「リスみたい」と言われたときはショックだった。
やっと自分のペースに戻りつつあるが、いまだに胃の調子が悪い。

内容はとてもプラスになったのだが、こんな悟りが生まれた。
資格なんぞで人格が上がるわけじゃない。手っ取り早く少々の信頼を得るツールにすぎない。そしてとることで、いろんな自由が奪われる。
だいたい学歴やらにあぐらをかいてる人間にろくなやつはいないのだ。
つー結論に達し、来年は実力向上と感性重視で暮らしたいと思ってます。
全ての資格取得計画は一年封印です。

ところで今年の男性合格者は僕だけらしいのだけど、男で色が好きって変わり者なのだろうか?
はやりのパーソナールカラーやら、ネイルのことやら、なーんも知りません。興味もありません。むしろファッションにはウトイほうだと思う。
でも、色を眺めたり、操ったりしていると、幸せなのです。
c0014035_13295699.jpg

by solitarylife | 2004-12-29 13:30 | 色彩

万華鏡

昨日、代官山のアートラッシュに行ってきました。
店舗移転による、写真家・豊浦正明氏の作品30%OFFが目当てでした。
モデル麻梨子嬢のあまりの美しさに見とれましたが、痛々しさにパス(なんちゅう理由じゃ)。
変わりに、その予算で細野朝士氏の万華鏡を買ってきました。
c0014035_1985924.jpg

たっかいので、一番ちっちゃなやつ。庶民にゃ代官山は物価が高いです。
これがほぼ実物大。ライフルの銃弾のような風貌。ズッシリ重いです。
最近はネックレスになるようなオシャレな万華鏡がありますが、それと比べると随分と無骨な形状。
偏光フィルムを使った万華鏡で、のぞくと、回すことによる形の変化だけでなく、万華鏡の前にある色を捕らえて、色が変化し続けます。
カメラにくっつけて撮ってみました。
c0014035_19114867.jpg

ちなみに万華鏡の前にあったのは、赤い服を着たモンキッキー(旧おさる)。
スンマソン。
by solitarylife | 2004-12-27 19:13 | アート全般

年賀状

年賀状書きをしました。
PCソフトで作るつもりが、よく考えると、、
今年の自分が写った写真、一枚もない!(驚愕)
正確に言えば、証明写真と、集合写真だけ。
その後、酔っ払った写真が数枚見つかったが、、、目がやらしい、、、
「隠したいものをわざわざ見せつけてどうすんだ、おい!」
というわけで今回は、きりえや高木 亮さんの絵葉書にしました。
c0014035_1829139.jpg

by solitarylife | 2004-12-27 18:16 | 日常

移籍

ブログはじめたはいいが、いきなり滞ったので、気分を新たに今日から再開!
ユーザー名が気に入らなかったので、別板(ココ)に移籍しました。
旧ブログの投稿3件↓もこっちに貼りなおしました!
ヨロシク!
by solitarylife | 2004-12-27 17:37

ハウルの動く城

会社の帰りにハウルの動く城をみてきました。
25年ほど前は、熱狂的宮崎信者でした。カリ城とか、コナンとか大好き。
今では、有名になりすぎて、マニア心をくすぐらないせいか、冷静なファンという感じです。
とはいうものの、「MY尊敬する人」のベスト3には入ってると思われ、少なからず生き方に影響を与えてくれる監督です。
さてハウルですが、世界観、キャラクター、映像は必見ですが、個性の強いキャラクターを出しすぎて、話がまとめきれていない。
カブは、さんざん謎めかしておいて、最後に、どんでん返しなし。
ヒンも同じく。
ストーリーがキャラクターに食われた。
ラストが読めない展開が続くだけに、普通過ぎる結末は肩透かしだった。
もう一ひねりあればいいのに、もったいないなあ。
テレビで26話でやれば丁度良い感じ。
c0014035_1821035.jpg

見る価値はあります。
美しい土地と、強い絆、これさえあれば生きていけると感じることができます。
僕の期待が大きすぎるのです。
by solitarylife | 2004-12-13 23:36 | 映画

悪いことは重なる

いつでもどこでも寝られる僕だが、悩みでほとんど寝られなかった。6時にあきらめて布団を出る。
TVで今日の運勢、、僕の運勢のおうし座、、、12位
占い師さんお見事、ご名答です。

会社に行くとレターボックスに封筒有り。
健康診断の結果 「要治療」
占い師さんお見事です。

健康体のはずが、中性脂肪値が920
医局にいくと、かなりやばいらしい。
太ってないし、スポーツもしてるし、緑茶も飲んでるゾ。ポテチも食べてない。この半年の過労は生涯一だったが、過労で中性脂肪が増えるのか?もっと、こう、、クールな病はないのか?
今日は社内研修の講師をしていたが、不幸続きにより身がはいらない。
占いによれば、夕方ミスを連発ということなので、さっさと切り上げる。

なんか普通に日記だな。
ディープなネタを考える余裕なし。
by solitarylife | 2004-12-08 22:56 | 日常

どうしようもなく辛い日に、はじめます

今日からブログはじめてみます。
はじめた理由は話すかもしれないし、話さないかもしれない。
超いいかげんで、更新は滞るでしょう。

とにかく、今日はじめることに意味があります。
生きるのは辛い。でも、日々ささやかな喜びがある。
こんな普通すぎる葛藤が、いつか誰かに伝わるでしょうか?

写真は先日行った天橋立、仲の良い鴨夫婦に寂しさ倍増。c0014035_17422272.jpg
by solitarylife | 2004-12-07 23:39

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧