求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



<   2005年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


面色(film color) 壁紙Part2

面色という言葉、ご存知だろうか?
普段、見ている色の多くは表面色(surface color)と呼ばれる。
光が物体に当たり、反射した光を知覚するために、物体への距離、堅さが知覚できる。
ところが面色には、距離感、質感がない。
面色には滅多に出会えない。
出会えるのは、何も無いところで、雲ひとつない青空を見上げたときだが、視野に他の物体が入ると感覚は損なわれてしまう。
僕は、この感触が好きです。
滅多に体験できないというのもあるかもしれない。

丘に寝転び空を見上げる、数十秒経つと僕は青色に吸い込まれていきそうになり、空に手を伸ばせば届きそうで突き抜けそうで、いろいろな感情が沸き起こる。
さざ波に足をさらわれる時のように、うれしいような、ちょっと驚くような、不思議な心地よさが支配する。
見続けると、色の感覚は薄れていき、しまいにほとんど無彩色となり、楽しい時間は終わる。

絵画に興味のある人なら抽象表現主義のマークロスコの絵画を見ると同じ感覚を味わえる。
面色を技法の中心に据え、各種対比効果を交えている。
見ていると時間とともに、視覚的にも感情的にも様々な変化が起きる。
しかし、引き合いに出しておいて悪いけど、僕はロスコより青空が好きです。
また、ちょくちょく良い丘を探しに出かけます。

c0014035_23192912.jpg

 写真:青空(竹富島)
 竹富島コンドイビーチで撮った青空を壁紙用(768×1024pixel)にしました。
 ウインドウズの初期設定みたいな青色だけど、わずかなグラデーションが空を感じます。
by solitarylife | 2005-03-30 23:34 | 色彩

壁紙作ってみました

会社で使ってるノートPC用に、この間撮った写真で壁紙作りにチャレンジ。
春らしくせっせと働いているミツバチ君です。

画像をクリックして開き、PCに保存した後に適用してください。
14インチ用 1024×768pixelです。
簡単にできるのがわかったので、希望の写真と大きさを言ってもらえればいつでも作ってアップします!
ディスプレイのピクセル数は、WINDOWSなら、画面のプロパティでわかります。
c0014035_2102785.jpg

  写真:オニタビラコで蜜ダンゴを作るミツバチ(小浜島)
by solitarylife | 2005-03-29 21:04 | アート全般

熱気

甲子園球場から湯気が立ち上っています。
c0014035_21323144.jpg

今、仕事の都合で甲子園球場の近くに住んでいます。
最寄り駅が甲子園駅ではないのですが、今日の会社帰りは、甲子園で下車しました。
甲子園球場では春の高校野球大会が行われていて、丁度今日の試合が終わったところでした。

雨上がりの駅前で出会った不思議な光景です。
雨が、照明・観衆・球児の熱気で蒸気となり、空へ立ち上っていきます。
野球への興味を20年前には無くしている僕でも、この光景には熱くなりました。
久しぶりに熱戦を見に行こうかな。
by solitarylife | 2005-03-28 21:39 | アート全般

70日ぶりに竹富島のネコたち

前に紹介した竹富島のネコたちは、どうしてるかなー・・・
行ってきました!
c0014035_1154124.jpg

木陰で落ち葉を布団にやっぱり寝ています。
by solitarylife | 2005-03-26 11:08 | 旅行

擬態

蝶と毒の話Part3です。
竹富島の浜辺をシロオビアゲハのつがいが飛んでいました。
c0014035_21574152.jpg

名前の由来通り、黒い羽に白い帯があります。
もう少し近くに行くと判るのですが、前を飛んでいるのがメスで後ろがオスです。
この島ではメスだけが擬態しているのです。
c0014035_2212699.jpg

これがメスです。
ベニモンアゲハが生息する島でだけ、シロオビアゲハのメスには羽に赤斑があります。
毒をもつ蝶に化けて、鳥に食べられないようにしてると言われています。
女性はお化粧が得意なんですかねー。
このメスを捕まえてパタパタ叩くと、鱗粉が落ちて驚くべき素顔があらわに・・・ギャー(゜Д゜;)
なんてね。

写真撮ってるときは、優雅で鮮やかな蝶に惹かれるのだけど、あとで写真を見直したり図鑑で調べたりすると、だんだん薄化粧の蝶に惹かれてくる。
敵が多い中で必死に生きてる。
近寄るとサッと逃げるから、あとで写真を拡大して素顔が見えてくる。
それに、綺麗な蝶は、毒があるのがイメージダウンだなあ。

ベニモンアゲハに惑わされつつ、ホントに好きなのはシロオビアゲハ。
ダメッすかねー、こんな男は(^^);
by solitarylife | 2005-03-23 22:28 | 色彩

ロング・バケーション

c0014035_6551662.jpg

大滝詠一 A LONG VACATION=元祖ロンバケ
1981年3月21日に発売された、ジャパニーズポップス史上、類まれな傑作です。
(そしてこれが僕にとって重要なのだけど)生まれて初めて買ったアルバムです。
発売日の少し前、ラジオでかかった「君は天然色」「恋するカレン」「さらばシベリア」を聞き、予約をした。
LPレコードの購入には僕の一月分のお小遣いを要する。
それを名前も聞いたことが無い歌手に使うという、子供にとっては一大決心。

期待は裏切られず、それはそれは凄いアルバムだった。
レコードが磨り減るまで聞いた。
普通の磨り減るとはちょっと違う。
レコードは僕にとって大事なものだったから、レコードをカセットテープに録音し、テープが磨り減るまで聞き、また録音しなおして聞く。
その繰り返しで、レコードがすり減ってしまったのだ。
その後、日本人初のCDとして再発売され、再購入。
それから24年、ずっとヘビーローテーションで聞き、今でも僕にとって至極のアルバム。
最初のアルバムが最高のアルバムだったわけだ。

昨年は生茶のCMで「君は天然色」が使われ、現在はソニーハンディーカムのCMで「スピーチバルーン」が流れている。
現役のポップスとして使われ、どちらもステキなCMに仕上がっている。
いつかサインをもらおうとLP2枚「A LONG VACATION」と希少版「SING A LONG VACATION」は大事にとってある。

スペクターサウンドの後継者と呼ばれたときもありました。
ビートルズのプロデューサーなどで有名だったフィルスペクター氏はすでに過去の人。
終には2年前に殺人犯になってしまいました。
氏も自らロング・バケーションをとってから久しく、仙人と呼ばれいよいよ伝説の人になりつつあります。

今、今日発売の「ナイアガラムーン30周年記念盤」の裏ジャケ写真を眺めています。
再発の度に撮り直される写真には、30年前と同じシャツを着た仙人が横たわっています。
マニアなら気づいていますが、この写真にはきっと幾つもの秘密が隠されているはずです。
左右には、20年前「まだ使っていない隠し玉、最後はこれをやる」と語っていたプレスリーのEPジャケが散乱している。
ファンの間では山下達郎&竹内まりや夫妻との「ナイアガラトライアングルVOL.3」製作が噂されている。
長い休暇から覚め、オリジナルラストアルバムへ向けて再始動するのではと願っていますが、「期待は失望の母である、ムッフッフッ」という氏の言葉を思い出し、苦笑。
ホント数十年、毎年毎年期待と失望の繰り返しです。
by solitarylife | 2005-03-21 23:59 | 音楽

綺麗な薔薇には刺がある

前回の記事タイトル「美しい女性(ひと)には毒がある」は、バラのトゲのモジリでして、今回はそれがタイトル。
綺麗な蝶と毒の話Part2です。

薄暗い森を歩いていると、陽だまりに綺麗な蝶が現れました。
c0014035_837443.jpg

日の輝きの中で黒のスカートをまとい、踊っている。
美しく妖艶な舞に魅せられ、近づき写真を撮り続けました。

僕には、もうわかっています。
こういう女性に近づくとろくな事はありません(笑)
図鑑によれば、この蝶は体内に中枢神経に作用するアルカロイド毒を持ち、捕食者にそれをアピールしているのです。
でもやっぱり綺麗だなー・・・

しかし、その後、道で交尾するペアを見つけたとき、なぜか路上ファックしているゴスロリ少女を連想してしまい、僕の夢は砕かれました。
暗闇で舞っているときの美しさはありません。
外見とは違う女性でした(笑)
もう容姿には騙されないゾ!
c0014035_904890.jpg

  写真:ベニモンアゲハの交尾(小浜島)
by solitarylife | 2005-03-20 09:09 | 色彩

美しい女性(ひと)には毒がある

c0014035_21364197.jpg

沖縄に行くと、ゆ~らゆ~ら飛んでいる美しい蝶がいます。
近づいてもなかなか逃げません。
普通、蝶は近づくとパッと飛んで、ジグザグに舞います。
鳥などの天敵に食べられないようにする為です。
綺麗で目立つ蝶なのに・・・なんで機敏に逃げないのか?
そういう蝶には毒があるのです。
毒の燐粉を撒き散らすわけではないのだけど、幼虫のときに毒草を食べていて体内に毒を溜め込んでいます。
食べるとお腹を壊すので、鳥は襲いません。
毒のある自分をアピールする為に、あえて目立つ綺麗な容姿をして優雅に舞います。
おかげで、僕はプロカメラマンじゃないのに、舞う蝶を簡単に撮影できます。
(カメラはコンパクトカメラです)
以前載せたリュウキュウアサギマダラにも毒があります。

たくさんの蝶が飛んでいる。その中にゆっくり柔らかく飛ぶ蝶がいる。
美しい舞いに魅せられ近づいていく僕・・・しかし、その蝶(人)には毒がある。
それを知ってもさらに近づいていく僕・・・
はぁ、、、(回顧)
c0014035_2146253.jpg

写真:シロノセンダングサで吸蜜するオオゴマダラ(小浜島)
ほぼ実物大
by solitarylife | 2005-03-18 21:53 | 内面

帰還(写真でかすぎ)

12~15日までの4日間、石垣島周辺に旅行に行ってました。
前半2日は雨だったのでボンヤリ過ごし、後半2日は晴れたのでポンヤリ過ごしました(笑)
後半は花が咲いててチョウが舞ってた印象しかないです。

三途の川の向こうに行ったのかもかも

c0014035_2238524.jpg

 写真:シマアザミ(小浜島)
 もしかしたらイリオモテアザミかもしれません。
 ちゅらさん展望台へ上る階段の途中に咲いてました。
 皆さん、花を踏まないようにしてるんですね。
 西表島では、アザミの茎を豚骨料理の彩りにして食べてしまうのだそうです。
 今度行ったら、お願いして食べてみようかな。
by solitarylife | 2005-03-16 22:46 | 旅行

また沖縄へ?

沖縄好きの僕は、今年も正月に行って行きました。
実は正月以外にも3月になると毎年のように行ってます。
3月は1年分の休みがたっぷり残ってるので休みが取りやすいんです。
年休(有給休暇)は丸々残ってるし、そもそも公休がたっぷり残ってる。
それともう一つの理由(これが大事)は、花粉症から逃げ出して太陽エネルギーを吸収しに行きます。

会社で
「子供の頃、太陽エネルギーが命の源のウルトラセブンがエネルギー切れで死んでしまう話を見て酷く悲しくなったんだ。多分僕が生まれて初めて同情したことだと思う。だから僕は電池が切れる前に充電に行くことにしてるんだ。」
と話したら、
「この忙しいのにバッカじゃないの!」と冷たくあしらわれました(^^);

仕事が土曜の早朝までに片付いたら、短期間ですが行ってきます!

c0014035_22531763.jpg

  写真:サキシマフヨウ(西表島)
  アサガオのように朝咲いて夕方萎んでしまいます。
  南国らしからぬ可憐な花で、僕は好きです。
  黒髪につけてあげたい。
by solitarylife | 2005-03-10 23:01 | 旅行

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧