求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


太陽の子

灼熱の太陽がパワーの源。

僕は太陽エネルギーで動いている。
背中に太陽電池が付いてる人造人間なのだ。
ジリジリ皮膚を焼くような日差しが背面を照りつけると、
自転車を漕ぐ力が倍増する。
そしたら、あっという間に山頂だ。

僕は太陽の子。
c0014035_20571544.jpg

 写真:日の出(竹富島)
 壁紙サイズです。
by solitarylife | 2007-04-25 20:58 | 日常

飛行機から見る冨士山は旅の終わりの印

羽田-石垣間の直行便はJTAだけ。
全日空は廃便となった。

石垣旅行が終わり、羽田へ戻るJTAの直行便の機内、到着まであと15分というところで、
「冨士山が見えます」
のアナウンスが入る。
c0014035_17184515.jpg
青空の向こうに、斜光線に照らされた富士山が見える。
これは、1月5日。
c0014035_17201892.jpg
これは2月13日。

カメラを出して撮影、ぼーっと眺める。
飛行機後方に景色が流れたところで、シートベルト着用のサイン。
いよいよ、現実世界に戻る。
by solitarylife | 2007-04-22 17:24 | アート全般

スリラー

どっこも行ってません^^;
3月からの忙しさ、未だ継続中。

なので、これは12月に小樽で撮った写真。
北海道では有名なチェーンだそう。
c0014035_19471250.jpg

カラオケがスリラー的だと、どの辺にグッとくるんだかわからん???
ミイラ男のコスプレは大変だな、包帯巻くのが。
スタッフ募集中なのはわかる。
ドラキュラ変身願望がある人やドラキュラ似の人なんて、そうそういないもの。
顔、緑に塗んのかなぁ・・・で、ウガーッ!!!って
バスケ部のフランケン先輩(あだ名が)が、容姿を生かしてここに来るかとゆーと・・・来ないでしょ、やっぱ。

アキバ行けば、きっと萌えカラオケとかメイドカラオケとかあるんだろうな。
もちろんアニソンの全てを網羅!みたいな宣伝で。
これならなんとなく納得いく。

誰かスリラーカラオケの魅力を語ってください。
by solitarylife | 2007-04-19 19:55 | 日常

日本最大の蝶

何度か紹介しているオオゴマダラ
ゆ~らゆ~ら 空を舞う
c0014035_16232100.jpg
(クリックで拡大します、壁紙サイズです)
この蝶ほど写真撮影が楽な蝶はない。
何せでかい(マクロレンズいらず)15cmはある
さっぱり逃げる気がない(少しは逃げてほしい^^;)

マクロレンズでそーっと近づいていくと・・・
c0014035_1611353.jpg

近づきすぎに注意^^;
by solitarylife | 2007-04-08 15:51

ヴィラたけとみ(とにかくよく眠れる)

竹富島旅行のベースキャンプにはヴィラたけとみを利用している。

僕が求めた高望みな条件を全て兼ね備えた宿だ。
静か綺麗自由飯がうまい
(女房の条件じゃないッスよ^^;)

アットホームさに欠けるとか、予約でトラブルを起こしやすいとか、悪い評判も聞く。
一人で利用するには少々高い。
それでも、僕には最高の宿で、他の宿には泊まる気が起こらない。

新しい出会いを求め、人との交流がメインなら、民宿のほうが良いだろう。
自然との交流がメインな(僕のような)人ならヴィラたけとみは、お勧めです。
家族で行く人にもお勧め。
c0014035_19464794.jpg

 写真:ヴィラたけとみの朝
 名残惜しいけど、あと10分くらいで出発の時間、帰りたくないな~というひととき。
 
 部屋ごとに特徴がある。
 2月に泊まったこの部屋は窓からの景色が良い。
by solitarylife | 2007-04-07 20:01

オレンジ色の闇

2月に竹富島に泊まった夜。
再び夜の散歩に出かけた。
c0014035_11324141.jpg

暗い闇にブラッドオレンジの世界が広がる。

前からやってくる二つの人影。
宿でアルバイトをしている女の子が、厚着してウォーキング中。
見てはいけないものを発見(笑)

僕は一月にも同じ宿に来ていて、今回の旅で再会だったこともあり、90分ほどの長い間話し込んでしまった。
竹富は、お金は増えないが体重が増える一方(で、ウォーキングしてるわけだ)
そろそろ生活場所を変える予定なんだと。
次の候補地を語るその目は、フリーターのそれより生き生きしていた。
c0014035_12202946.jpg

22時半頃に散歩を再開。
いつもはコンパクトカメラを持ち歩くが、珍しく一眼レフと三脚を持ってきてるので、長時間露光で写真を撮りたいと思っていた。
選んだ場所は以前に紹介したなごみの塔

・・・に登る。

風つえ~
足元くれ~
ちょーこえ~

シャッタースピードをそれぞれ4秒と10秒で撮ってみた。
c0014035_1226292.jpg

c0014035_12261922.jpg

これが夜の竹富です。
(下の写真はクリックで拡大します)
by solitarylife | 2007-04-02 12:32 | アート全般

4月

激動の3月が過ぎた。
この一カ月は、労働組合役員としての春闘が一番の重荷だった。
数日前にやっと収束し、最終的に久しぶりの賃金アップとなって、この件については最低限の役目は果たせた。

外は春。
今日はぽかぽか陽気で、お花見に行った人が多いのだろう。
エイプリルフールで、考え抜いた嘘を披露している人も多い?
僕は、まだ、3月にやり残したことを整頓中で、春を感じる生活はもう少し先になりそう。

実は春を感じられない理由は忙しかったこと以外にもうひとつ理由がある。
大学生時代の友人が死んだのだ。

自殺で。

会社に出かけたまま行方不明となり捜索願いが出された。
発見されたのは、二日後、場所は・・・会社だ。

後には妻と子供が残された。
かわいい盛り、三歳の娘を残し、彼はなぜ会社で自らの命を絶たねばならなかったのか?
その問いに、会社の関係者は謝るばかり、何も出てこない。
遺書さえない。
ありえない死のシチュエーション。

集まった仲間は多くが顔見知りの旧来の友人で、皆、なぜ一言相談をしてくれなかったのかと無念を語る。

その間も、女の子はわけもわからず元気に走り回る。
小さな笑顔を見るたび、涙が落ちた。
c0014035_1842272.jpg

  写真:宇多良炭坑跡(西表島)
  (クリックで拡大します)
by solitarylife | 2007-04-01 18:34 | 日常

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧