求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


日本最南端の映画館、閉館

3年前に、日本最南端の映画館閉館をお知らせした。
シネマ石垣という映画館でホテルミヤヒラの隣にあった。
今は大衆居酒屋に生まれ変わっている。
(一回行ってみたが、紹介するほどの店じゃない)

そして今年一月に、現日本最南端の映画館が閉館した。
c0014035_0413987.jpg

シネマ万世館



c0014035_050553.jpg12月30日に訪れた。
上映映画は、’ウォーリー’と’地球が静止する日’を交互上映。
「地球が静止する日」の上映15分前だが客が誰もいない。
「やってますか?」
「五人集まったらやるけど。」
「そんな感じなんすか・・・・・・・もしかしていつもですか?」



「いやいや、来るときは来るよ」




そりゃそうだ^^;









待つこと十分。
だーれも来ない。





「やりましょうか?せっかく来てくれたんだし、どーぞ。」
「僕一人じゃ光熱費も出ないでしょ?」
「気にしないでいーよ。楽しんでって」
c0014035_1132032.jpg

c0014035_1135856.jpg

悪くないよ、内装。




一人ど真ん中で鑑賞しました。
映画はとってもつまらなかった。





先の十分待ち中に、もうすぐ店を閉めることを聞いた。
こんな状況じゃぁ仕方ない。

(懲りずに)そのうち空港近くのどこかに移転してオープンする計画があると言う。
「マックスバリューのあたりに出せば、いけると思いますよ」
と、偉そうに言っておいた。

また、雨の日の暇つぶし場所が減ってしまった。
by solitarylife | 2009-02-27 01:24 | 映画

元旦は?

最近は、アイヤル浜へ続く道にも猫が住んでいる。
人気が少なく、食べるものに困るだろうに。


遠くからこっちを見ていた、かわいい猫は、サッと隠れてしまった。
c0014035_215828.jpg

1280×960pxです。クリックで拡大します。




そのあと、のそのそと歩いてきたのがこの子。
c0014035_2174785.jpg

見た目、かわいくないね。
そして、左目がどうやら見えてない。

前回のカイジ浜の猫も実は左目が不自由だった。
この日は、もう一匹同様の猫に出会っている。

なぜだろう?

とてもケンカの強い猫が、縄張りを広げている?
眼病が流行っている?
カラスの仕業?
人間の仕業?


来月、もう少し調べてみようと思う。





で、この子だが、やっぱり愛に飢えてました。
c0014035_21122163.jpg

by solitarylife | 2009-02-21 21:14 | 旅行

大晦日のニャンコ

コンドイビーチの猫の次は、やっぱりカイジ浜の猫。

ツアー客たちは、来たと思ったら記念写真を撮ってさっさと去ってく。
猫たちは、やけに忙しくて、自分たちを一瞬のオモチャにしようとする観光客にうんざりしてる。

だから、人嫌いかというと・・・

実はそんなことはない。
沖縄時間でゆっくり付き合ってくれる人を待っている。


大晦日の午後、海岸でボーッとすること30分。
c0014035_22582663.jpg

隣の丸太の猫を撮ってて、気がついた。
後ろのほうにいる猫の挙動が怪しい。
こっちの様子を伺っている。

間もなく、
c0014035_2302472.jpg

ぴょこんぴょこん歩いてきた。


c0014035_2313386.jpg

しっぽをピンとして、ちょっぴり緊張の面持ち。

c0014035_2324227.jpg

どうやら僕の太ももの居心地の良さを確信した模様。

c0014035_2343889.jpg

もはや躊躇はない。

c0014035_2353157.jpg

のしっ



このあと、彼は2時間もの間、僕のここに居座ることとなる。

c0014035_2363479.jpg

もし竹富に泊まるなら、夜のカイジ浜に行くと、さびしがり屋が出迎えてくれます。
静かに猫を抱いてると、いつしか足元でホタルが輝きだすのです。
by solitarylife | 2009-02-15 23:15

離島に捨て猫

美しい浜辺、竹富島コンドイビーチ。
常時、猫が数匹住み着いているが、それほど裕福ではない。
カイジ浜の看板猫は観光名所として有名で、餌を与えられているようだが、コンドイの猫はひもじい。
観光客だのみだ。
折からの不況は沖縄を直撃して、観光客が減っている。
ということは、猫はご飯にありつけない日が多くなっている。


c0014035_2229124.jpg

子猫がいた。
竹富で黒猫は見たことがない。

c0014035_22321638.jpg

それも二匹・・・・・・・・・・・・捨て猫だ。
遠くからわざわざ捨てに連れてきたんだろう。
そりゃあ美しい場所だが、幸せになれるとでも思ったのだろうか。
瘦せてひもじい思いをしている。

二匹の兄弟は、もう一匹の大人の猫と三匹で行動していた。
全力で甘えてきて、そしてご飯をねだるが、サーターアンダーギーしかない。
甘いもんで、ごめんよ。
といって、一袋全部あげる。


c0014035_22311769.jpg

カラスもひもじい。
おこぼれをいただこうと、集まってくる。


c0014035_22365229.jpg

カラスは子猫から餌を奪い取ろうと、群れで近づく。


そのときっ
c0014035_22375771.jpg

里親の白黒猫
「この子たちに手を出したら、あたいがゆるさないよっ」
c0014035_22461071.jpg

多勢に無勢も、勇敢に襲いかかる。


c0014035_22474894.jpg

子猫の前に立ちはだかり立ち向かう。


c0014035_22484445.jpg

「全機Vフォーメーションだ!」
「ラジャー」


c0014035_2250794.jpg

「出過ぎて隊形を崩すな!」
「左舷弾幕薄いよ、何やってんのぉ」


c0014035_2251688.jpg

「次っ!右っ!」


c0014035_22531850.jpg

二人でにらめば逃げていく。
もくもくと食べるマイペース黒猫2号は次男坊。


c0014035_22534215.jpg

「左だっ!」
次男坊は相変わらず・・・


こんな感じで、里親に守られてなんとか生きてるけど。
正直生き延びるのは、厳しいという印象。
飲み水は、公衆便所の便器内の水です。
トイレは思いの外清潔だけど、それを見ると観光客も近寄らない。


飼い主だった人、考え直しませんか?
by solitarylife | 2009-02-08 23:03 | 旅行

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧