求めている未来、落胆の現実、ささやかな生活



ハウルの動く城

会社の帰りにハウルの動く城をみてきました。
25年ほど前は、熱狂的宮崎信者でした。カリ城とか、コナンとか大好き。
今では、有名になりすぎて、マニア心をくすぐらないせいか、冷静なファンという感じです。
とはいうものの、「MY尊敬する人」のベスト3には入ってると思われ、少なからず生き方に影響を与えてくれる監督です。
さてハウルですが、世界観、キャラクター、映像は必見ですが、個性の強いキャラクターを出しすぎて、話がまとめきれていない。
カブは、さんざん謎めかしておいて、最後に、どんでん返しなし。
ヒンも同じく。
ストーリーがキャラクターに食われた。
ラストが読めない展開が続くだけに、普通過ぎる結末は肩透かしだった。
もう一ひねりあればいいのに、もったいないなあ。
テレビで26話でやれば丁度良い感じ。
c0014035_1821035.jpg

見る価値はあります。
美しい土地と、強い絆、これさえあれば生きていけると感じることができます。
僕の期待が大きすぎるのです。
# by solitarylife | 2004-12-13 23:36 | 映画

機嫌がいいとイベント日記か趣味考察、落ち込んでいるときは内面の葛藤を書くと思う
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
ライフログについて触れた記事
・ジュリー・クルーズ
 2008年3月20日参照
・カイリー・ミノーグ
 2005年5月27日参照
・ナウシカ
 2005年5月8日参照
・ロンバケ
 2005年3月21日参照
・イーチタイム
 2004年12月30日参照
最新のトラックバック
デジタル一眼レフ入門
from デジタル一眼レフ入門
映画の感想
from 映画@DVDの旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧